下見時のデータ機見方ワンポイント

本当は1つにまとめようとしていた記事を2つにわけたので
内容が薄いですが、この写真はゆっきーが
夕方からミリオンゴッドで天井狙いした際の写メールです。

前の記事をまだ読まれていなければ
こちらからお読みください (^v^)

ハイエナ稼働時前日やめG数計算方法とワンポイントアドバイス

http://kimajime-yukky.com/archives/779







上の2枚の写メールはミリオンゴッドで連チャンしている写メですが
これが夜下見している時にゲーム数はハマっているけど
まだ打ち手が打っている状態だとします。

自分はもう他のホールに下見いくので
今メモと取るしかない状況であれば

携帯のメモでハマリG数の91と書いた後
2つめの写メールの赤字で〇ついてある
1796を書きます。

これが総回転数なので、翌日ボーナス回数が9のままなら
総回転数の増加分+91Gを足せば、前日はまりG数が解ります。

下見のメモリ方は
台番号*9*0*91*1796*ゴ こんな感じです。

まだ打っている場合は、台番号*9*0*91**1796*ゴ
ってもう1つ*を増やしたりします。

ちなみに1枚目の1/199はその日のボーナス確率です。
1秒事くらいのサイクルで交互に表示されます。

ホールによって交互に表示されるかはまちまちですが
これを使うと下見でデータ機をピコピコ触らなくて済みます。
少しでも目立たないようにする為の工夫です。

余談ですが、
ゆっきーがこのゴッドの打ち始めG数は宵越し1100Gです。
でももう1台宵越し1120Gの台がありました。

普通なら1120Gから打ちますが
1120Gの台は前日ボーナス回数が多く、ハマリG数を計算不可能だったので
だれも気がつかないと判断して1100Gの方から打ちました。

これが1120が1300Gハマリくらいであれば
こっちから打つべきですけどね。

 



 
 



なんとなく解りやすく記事を書きたいと工夫しながらやった割には
出来がいまいちだなと思っています…

ブログをやってみて
人に何かを伝えたり面白いと思ってもらえる記事を書くのは
難しいものだなと実感しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

サイトマップ

アーカイブ

このページの先頭へ