パチンコ釘曲げ問題、いよいよパチンコ大量回収の方向へ…

にほんブログ村 スロットブログへ

パチンコの釘曲げ問題についてヤフーニュースで取り上げられています。

<パチンコ台>大量回収へ メーカー不正改造 警察庁が要請

全国に流通するパチンコ台で、玉の流れを左右するくぎが不正に曲げられていることが業界団体の調査で判明し、警察庁が業界側に不正機の回収を要請していることが同庁への取材で分かった。不正はギャンブル性を高めるためとみられ、メーカーが出荷段階で行っていたことが判明。業界団体が回収の対象機種を精査しているが、大規模な回収になる可能性がある。

 パチンコ台の多くは、盤面の中央にある「始動口」に玉が入るとデジタル抽選が始まる仕組みになっている。デジタル抽選で「大当たり」になると大量の玉が出る。警察庁によると、不正は、デジタル抽選の回数を増やすため、始動口に玉が入りやすくなる方向にくぎが曲げられていた。盤面の左右などにある「一般入賞口」に入ると「小当たり」として10個程度の玉が戻るが、一般入賞口には入りにくくされていた。

 パチンコ台は一般財団法人「保安通信協会」の検定に合格しなければ出荷できない。不正なくぎ曲げは以前から業界関係者らの指摘があり、警察庁は今年4月、一般社団法人「遊技産業健全化推進機構」に実態調査を依頼。同機構が6~8月に全国161店舗の258台をサンプル調査したところ、全機に何らかの改変がみられ、検定通過時と同じ状態のままのものは一台もなかった。

 パチンコは刑法で禁じられる賭博行為から外されている。一方、射幸心を高めすぎないよう、大当たりなどの出る確率が風営法や国家公安委員会規則などで規制されている。これらの規制で一般入賞口には10分間に数十個が入ることが求められているが、約6割で全く入らない状態だった。

 このため警察庁は「メーカーの出荷段階でもくぎ曲げが行われている可能性がある」として、メーカーで組織する「日本遊技機工業組合」に調査を指示。同組合は11月、「全35社のうち11社で調べたところ、メーカーの出荷時で、検定を通過したものとは異なるパチンコ台があった」と警察庁に報告した。

 メーカー側の不正は、客を獲得しようとする店側の需要に応えることが目的だった可能性がある。同庁は風営法などに抵触する疑いがあるとして問題機種の回収を要請。メーカー側は店側と協力して回収することを決めた。関係者は「回収は数十万台規模になる可能性がある」と話している。

 警察庁によると、昨年末現在のパチンコ設置台数は約295万台。警察幹部は「くぎ曲げによってギャンブル性が高まると、法律で想定しているパチンコとはまったく異なる状態が生まれてしまう」と指摘している。

ヤフーニュース


この件について質問頂いたのでお答えしていこうと思います。

【質問】

釘曲げ問題についてニュースになってますね

先見据え含め、ゆっきーさんの見解を聞いてみたいな〜と思いまして。

というのも、ゆっきーさんの、つれづれシリーズ?

はじめ、ホントいい意味でジメッと感を感じれる文章が好きなもんで…


【返答】

警察庁の動きは本気度の高いものとなっていますね

警察も釘調整を行っているというのは当然昔から把握しているので、茶番といえば茶番です…


でも急にこの流れになっていった訳ではなく、今まで積み重ねてきたこの業界と警察側との対応の悪さ

それを招いたメーカー・パチンコ屋・打ち手すべてに責任があります。

今まであった大きな規制同様、なるべくしてなった結果です。


今後どうなっていくかですが

『現在のパチンコ設置台数は約295万台、回収は数十万台規模になる可能性がある』

これがどの機種が対象になっていくか気になるところです。

牙狼や海物語などメイン機種が対象となったら厳しいですが、そうはならないような気がします。

どうあってもパチンコ屋とメーカーには大打撃なので

大手は生き残り、体力ない小規模企業は撤退・買収・倒産の道を歩んでいきます。


一般客への影響は、あまりないのではないでしょうか

元々期待値稼働しているわけではないですからね。


期待値稼働をしている打ち手にどう影響出るかですが、パチプロには厳しい話です。

ただ釘調整がまったくできなくなったとしても集客の関係上、何かしらの形で差がつくようにしていくと思います。

例えばスロのように設定を導入するとかですね。

どんな形であれ環境変化は大きく稼ぐチャンスなので適応できれば旨みは大きいです。


結局、メーカー・ホール・パチプロどの立場も

強いものは撤退したシェアを奪い、より強くなると思います。


全体の流れとしたら、パチンコ業界を縮小したい気持ちがあるのだと思います。

ただ無くしたいかといえばそんな事はなく、経済の影響を考えればその選択はないはずです。

この業界は規制と緩和の繰り返し、個人的に2020年のオリンピック前後でまた上がると予想しています。



こちらの記事も合わせてお読みください

『規制に関して』記事一覧

6月からパチンコ釘曲げ是正の動き、時代は低換金・良調整狙いの流れへ?

【パチプロの生き様】パチンコ・スロットの日当低下はどこまで進むのか

11月から東京等価禁止か?必要なのは適応進化!



『つれづれ』カテゴリー一覧

つれづれ








ゆっきーメルマガ Youtubeチャンネル登録

9 Responses to “パチンコ釘曲げ問題、いよいよパチンコ大量回収の方向へ…”

  1. より:

    ありがとうございますm(__)m
    良いお年を

  2. にくきゅう より:

    いやいや、ホントに茶番ですよね。

    白い目で見守りましょう。

    • ゆっきー より:

      にくきゅうさん

      茶番ですね。

      残念ながら我々打ち手はそれに付き合されるのみです…

  3. 羽根モノで より:

    たまたま通り過ぎたものです。
    年末年始どこも回収時期で厳しいと思い。
    あまり行かない近所のお店に立ち寄ったのですが。トキオプレミアムがめちゃくちゃ積んでて
    唖然としました。夜の8時過ぎで、19箱…。
    当たり回数85。次の日も様子を見に行きましたが
    90以上ついていてその次の日も90以上。
    これは打ちたくなり行きましたが既に遅く取られてしまいました。一台しかないので早く並ぶか、
    年末明けてからが良いですかね?

    • ゆっきー より:

      羽根モノでさん

      トキオプレミアムは甘くそういう事が多発しています。

      すぐ締まる可能性も高いので打てるのであればすぐの方が良いです。
      ただ揉めないようお気を付けください。

  4. より:

    これってメーカーが撤去リスト出したけど警察が握り潰して、撤去は先伸ばしになったんじゃないんですか?
    パチスロ立ち回り講座のコラムで見たんですけど(ご存知です?)
    撤去はいずれするけど今すぐとか一斉大量とかではないみたいな

  5. 花火 より:

    「パチンコ釘問題」を世界で最も判り易く説明してみる
    というので検索したらわかりやすく解説されています
    今回の問題は、ホールが釘調整をしている問題じゃなく、メーカーが検定を受けた後に釘調整(雑穴を締める)して出荷している問題です
    だから、いままで釘調整は当たり前だったじゃん何を今更っていう話ではないです
    牙狼スペックとか何をどう考えても検定通るわけないですよね
    検定で雑穴ばかりに入る調整で受けてたってわけです
    ホールでの釘調整はこれまで通り行われるはずです

羽根モノで にコメントする

サブコンテンツ

サイトマップ

アーカイブ

このページの先頭へ